入れ歯(義歯)治療

入れ歯義歯治療入れ歯を入れている患者さんの悩みの多くは、入れ歯が痛い・あたる」「外れやすい」「ちゃんと噛めない」というものです。

抜けてしまった歯を補うために入れ歯を入れているのに、歯として機能していないことは大きな問題です。

体のどこかにいつも違和感や痛みがある状態というのは、本人が自覚している以上にストレスになっています。

ましてや、毎日の楽しみであるはずの食事がおいしく食べられないというのは、本当につらいことだと思います。

入れ歯を入れてから、なんだかイライラするようになったり、笑わなくなった…という話をよく聞きます。

「入れ歯は、痛くて外れやすくてちゃんと噛めないのが当たり前」ではありません。

不便さに慣れることに妥協せず、きちんと原因を取り除いて、快適な生活を取り戻してほしいと思います。

部分入れ歯

数本の歯が抜けてしまったときに、残っている歯に「クラスプ」という金属のバネを引っかけて、歯を補う方法が保険治療の部分入れ歯です。

歯は左右横方向からの力にかなり弱いので、バネを引っかけられている歯にかかる負担が大きくなり、その歯もいずれ抜けやすくなってしまいます。

お口の中に複雑な形の異物が存在していることで上手に歯ブラシができず、口腔内の清掃状況が悪化し残っている健康な他の歯が歯周病や他に病気に感染する危険性が高いことも無視できません。

歯が抜けてしまえば、また新たに部分入れ歯を作り直さなくてはいけません。歯がないところのあごの骨はやせてきます。

合わないいれ歯を調整せず長年使用し続けていた場合、歯肉にさまざまな方向から圧力が加わることによりその下にある骨(歯槽骨)がだんだん水平にすり減っていきます。

そのため定期的に調整していく必要があります。引っかける歯がなくなってしまうと、総入れ歯になります。

部分入れ歯(保険適用)は噛む能力が天然の歯の30%程度ですので、「食事を以前のように楽しめない」、「金属のバネが目立ってどうも・・・」と審美面でのデメリットを嫌がる患者さんの声を多く耳にします。

いれ歯にも比較的機能性に優れた様々な種類のものが存在します。しかしながら、「将来的にも今ある健康な歯を守り、口腔全体として機能を回復する」には、抜けてしまった歯を単体で補う方法、つまり、一本の歯が他の歯に過分な負荷をかけることもかけられることもなく、それぞれの力で立つことが本来の正常な状態に限りなく近い点でも最良であるといえます。

それがインプラント治療です。噛む力や食感を感じる度合も天然歯に近く、適切なメインテナンスを受けることで長く快適な状態を保つことが可能です。

総入れ歯

上記の部分いれ歯同様に様々な種類のいれ歯が存在します。プラスチック製の入れ歯(保険適用)は、異物感が強い、しゃべりにくい、食べにくい、外れやすいと言われています。

噛む能力は天然の歯の20%くらいで、かたいものはほとんど食べられないという方が多いです。歯がまったく無くなると、人間の体は使われないところ、刺激のない部分は衰えるようになっていますので、加齢による筋肉・骨の退縮は避けられません。

定期的な調整・メインテナンスは絶対に必要です。いったん入れ歯が入ると一度も調整をせず、合わないまま使用を続けたせいで大きく骨がすり減ってしまい作り直そうにも、今度は良い入れ歯がかなり作りづらい状況になってしまったという方がたくさんいらっしゃいます。

もし「今、別に痛みも無いし・・・」「確かにはずれやすい気がするけどまあちょっとがまんすれば・・・」と思っていても、どうか手の打ちようが無くなってしまう前にメインテナンスの重要性をご理解ください。

あごの骨の状態によっては、取り外す必要がないのでいれ歯とは違いますがインプラント治療や、インプラント義歯(入れ歯)治療が可能な場合もあります。

見た目の美しさ

噛むという、歯本来の機能の他に、見た目の美しさにもこだわる患者さんが最近では増えてきました。

きちんと噛めて、見た目もきれいでいようと意識するのとしないのとでは、確かに心身ともに若さの印象度に違いがあります。

入れ歯が気になって笑えない、友達と旅行や食事に行くのに積極的になれない、いつも違和感・異物感があって気になる(ストレス)・・など、人にもあまり言えないような不満が蓄積されて、表情も明るさを失い、しだいにその不快感・不便さにも妥協し、あきらめを感じながら使用しているという方。選択肢はけしてひとつではありません。どうぞあきらめる前にお尋ね下さい。

残った歯を守るために

入れ歯を入れることになったら、残った歯や歯ぐきをどう守るかが大切です。

歯が抜けてしまったのには、必ず原因があります。抜けてしまった歯のところに入れ歯を入れてそれで終わり、ではなく、歯が抜けた原因を見つけて、それを解消しましょう。そうでないと、また歯が抜けてしまったり、歯ぐきや骨の状態が悪くなって、将来もっと苦労することになってしまうかもしれません。

原因を取り除いた後は、きちんと適切なメインテナンスや定期検診によりお口の中を清潔な状態に保ってください。

抜けてしまった歯を教訓に、もう歯が抜けてしまうことがないように、歯ぐきや骨をできるだけ健康に長く保つよう一緒に努力していきましょう。

私たちができるのは、歯科治療を通して健康なお口の環境を再構築することです。患者さんの努力と私たちの歯科治療によって、何かを我慢したりあきらめたりすることなく、快適で楽しい生活が送るサポートができるようにわたくしたちも努力を続けます。

Copyright© 2017 小美玉市の歯医者 光林堂歯科医院 All Rights Reserved.|ログイン