無痛治療

私も子どものころ、「歯科医院=痛くてこわい」というイメージをずっと持っていました。そのイメージは、今のお子さんも大人の方も変わらないと思います。一度痛い思いをしたところには二度と行きたくないですし、「行かなくちゃと思っても、こわいから行けない」という方も多いのではないでしょうか。

今ではずいぶん技術が進歩して、できるだけ痛くない治療ができるようになってきました。

「無痛治療」と総称していますが、歯には神経がありますので、まったく痛くないとは言い切れない――ということをお断りしておきます。しかし、無痛治療をするのとしないのとでは、意識がまったく違います。「歯科治療は痛い」というストレスは、かなり軽減されるのではないでしょうか。

患者さんが持つ「痛い、怖い」というイメージの多くは、特に麻酔に関してや、歯科機械の出すあの音に由来していることがほとんどです。もう少し癒し系の音を出す機械がそろそろ開発されていいのではと常々思っていますが、なかなか生産ラインには乗らないのが現状のようです。

当院では特に、痛くない麻酔を心がけています。実際多くの方に「え、もう終わってたの?」と言っていただいています。

  1. 表面麻酔を使います。
    まず、麻酔を打つ部分に表面麻酔を塗りますので、麻酔の針をさすときの痛みの感覚がほとんどないと思います。
  2. 麻酔液を人肌に温めます
    麻酔液が注射するときに、体温より温かすぎたり冷たすぎたりすると、麻酔液が入ってきたことを体が敏感に感じて、それが痛みにつながってしまいます。当院では、体温に近い人肌くらいの温度に麻酔液を温めてから注射しています。(もちろん、温めても麻酔液の品質に変化はありません。)
  3. 細い注射針を使います
    太い針よりも、細い針のほうが痛みを感じにくいというのはイメージしていただけると思います。当院では、麻酔が痛くないように非常に細い注射針を使用しています。
  4. ゆっくり麻酔液を入れます
    急いで麻酔液を注射してしまうと、痛みを感じたり、体調が悪くなってしまう場合もあります。当院では、コンピュータによる自動制御で、痛みを感じにくいスピードで注射しますので、感じる痛みがかなり少ないと思います。
  5. 麻酔が効くまで待ちます
    麻酔を行なってからすぐに治療を始めてしまいますと、麻酔がきちんと効いていなくて痛みを感じてしまうことがあります。一度痛いと感じてしまうと、痛みに敏感になってしまって、患者さんにとっても治療がつらくなってしまいますので、当院では、麻酔が効いたことを確認してから治療に入ります。

痛みの感じ方も、その表現の仕方も人によってさまざまです。「怖い」と考える原因も、患者さんによってさまざまです。無痛治療にもいくつか方法がありますが、患者さんの治療内容・症状・体質に合わせた方法を選択し、過度な緊張感・不安を取り除きできるだけ痛くない治療を心がけています。また、患者さんとコミュニケーションをとり、できるだけリラックスできる治療環境のご提供に努めています。

痛みが強い場合や炎症がはげしい場合は、麻酔が効きにくいなど、無痛治療の効果が薄くなってしまいます。ですから歯が痛くなってから歯科医院に行くと、その痛みを取り除くための治療自体も苦痛になってしまいます。

反対に、歯が痛くなる前に予防をしていれば、歯科医院で痛い思いをすることはまずありません。歯が痛くなる前に歯科医院で定期検診を受けて、より快適な生活を送っていただきたいと思います。

安全で快適な治療法(静脈内鎮静法(ivs)他)

実際にはほとんど痛くない治療でも、患者さんが「痛いかもしれない・・かもしれない、痛いに違いない!」と不安に思っていると、何もしていなくても痛く感じてしまうこともあります。90%は心理的な思い込みから起こるといわれています。

不安に思っている状況とリラックスしている状況とでは、リラックスしている方が痛みをあまり感じません。

意識ははっきりしたままで、不安な気持ちや恐怖心を抑える効果がある鎮静法(※インプラント手術時のみ)など、ゆったりとリラックスした気分で、副作用もほとんど無く、安全に治療を受けることができる様々な方法があります。但し、ご年齢や適応症により制限がある場合がありますのご相談下さい。

「歯科医院は痛くないし、こわくないんだ!」とあなたやあなたのお子さんに思っていただければ、むし歯を治療したあとの予防を積極的に行なって、これからはむし歯に縁のない人生を送るきっかけになるかもしれません。

私自身、子供のころ、むし歯の痛さと治療の音とにおいなどの恐怖に悩まされましたから、子どもたちには同じ思いをしてほしくないと思っています。1 本のむし歯を治療することだけが一番大切なのではなく、先んじて、歯科医院嫌いのお子さんを一人でも減らすこと。歯科医院は「むし歯になる前に来るところ」という意識を高めること。そして、将来むし歯になるリスクそのものを減らしていくことが私達の重要な役割だと思っています。

Copyright© 2017 小美玉市の歯医者 光林堂歯科医院 All Rights Reserved.|ログイン