審美歯科

以前は、むし歯をはじめとする歯周疾患の治療をするのが歯科医院の役割と考えられていましたが、最近では、「審美(しんび)歯科治療」という、歯の見た目をきれいにすることを目的とした歯科治療が行なわれるようになってきました。

beatiful-smile-gazou審美歯科治療では、歯の形や色などを美しく整える治療をします。
テレビや雑誌、インターネットなどでも「審美歯科」の認知度は高くなっていますが、美容だけを目的として、短期間で歯を白くしたり、歯の形や歯並びをきれいにする、という認識が一般的には多いようです。

審美歯科治療は、あくまでも「治療」です。
歯の「噛む」という機能と審美性、二つを再生させることが目的です。ものづくりでも、機能が優れた良品は実際フォルムも芸術的なまでに無駄がなく美しい、といったことが常ではないでしょうか。
今がとりあえずきれいになればいい、という考え方ではなく、10年後も20年後も、きちんと噛める歯であることが一番大切です。

一時的な見た目の美しさだけを求めると、歯の本来の機能を失わせるような結果が起こらないとも限りません。(それはもはや、「治療」ではありません。)

審美歯科治療においても、歯の土台となる歯ぐきの健康が最も大切ですし、不健康な歯にきれいな歯をかぶせただけでは、てっとり早く見た目はきれいになるかもしれませんが、将来的に大きな、また悲惨な問題が残されていることは分かっていただけると思います。

歯科医師は「歯作り名人」ではなく「歯の健康の専門家」ですから、単に歯を白くきれいにすることだけではなく、歯や歯ぐきを健康にして歯の機能を回復することが必ず先んじて前提にあり、見た目も美しくして、心身ともに快適な生活を送っていただくことを、審美歯科治療の目的としています。

Copyright© 2017 小美玉市の歯医者 光林堂歯科医院 All Rights Reserved.|ログイン